Demolition works

S_6839553264930.jpg

​地上解体

敷地に余裕があり、比較的郊外での解体に向いています。

建物の高さによって重機のサイズを変え、ブームの長さによって地上から解体を行う解体工法です。

​重機のサイズもブームの長さも様々で世界一大きな重機ですと、地上から65mもの高さの構造物が解体できます。

 

解体.jpg

​階上解体

 重機を建物の上階へ揚重し、フロアーごとに解体、下降を繰り返す解体工法です。

重機楊重に伴い各階のスラブの補強、耐力計算等が必要となります。

​敷地に余裕がない狭小地などに適しています。 

煙突解体3.jpg

​煙突解体

 コアボーリング、ワイヤーソーを使い最上部より構造物を切断し、地上へと降ろし、解体する解体工法です。
​煙突は多種多様な解体工法がありますが、その現場に見合った工法を選定し解体します。
 

S_6839539908015.jpg

​杭引き抜き工事

 建物の大半には建物を支える杭が地中深く支持層まで打設してあります。

その杭を引き抜く工事です。
​工法も多様にあり、その現場、杭長、杭径、敷地面積を考慮して作業を進めます。
 

%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%B9%E3%

​アスベスト除去

 アスベストによる健康被害が世界中で知られています。

弊社では適切な処理を行っております。
​疑いのある建材は検体を取り、徹底的に調べます。

 

S_6839539863693.jpg

​斫工事

エアーブレーカにて重機の入れない場所や、届かない場所、または重機搬入経路作成などでコンクリートを圧縮空気の力で削り壊す手作業工事です。​

 

S_6839539868871.jpg

​コア抜き工事

隣家建物が近く重機で解体が出来ない時や、コンクリート強度試供体​採取や、構造物が大きく重機で解体が出来ない時などその役割は広範囲にあり、非常に役に立つ工手の一つです。

 

S_6839539862930.jpg

​コアマン

​解体する構造物が大きく沢山コアを抜く必要があるときに使う重機アタッチメント型のコアマシン。

​削孔速度が速く油圧の力で素早い削孔が可能

 

%E5%86%85%E8%97%A4%E7%94%BA%E3%83%91%E3%

​リキヤ

​コアマンやハンドコアで削孔した孔にセリヤを​入れ油圧の力で矢をせり出し、コンクリート塊を割る優れものです。

​コンクリートは圧縮に強く引っ張りに弱い特性を生かした解体工法の一つです。

 

S_6839539860267.jpg

​ウォールソー

​壁やスラブをダイヤモンドカッターにて切断します。

​重機の使えない狭小地や振動騒音の出せない現場で建物を切断し解体する工法です。

 

S_6839539892171.jpg

​ワイヤーソー

​主に解体工事では狭小地て壊し現場の壁の解体や、大口径杭の切断、フーチング(基礎)の解体に使用します。

​大きな塊のスライスに向いています

 

%E6%94%BE%E9%9B%BB%E7%A0%B4%E7%A0%95%E7%

​放電破砕

​放電衝撃発生装置を使い放電カートリッジに放電チップ衝撃を発生させ​カートリッジ内用液のニトロメタンを燃焼。

​その衝撃によってコンクリートを破砕する。